題名
ナノ茶論第10回セミナー(終了しました)
開催日
2018年2月21日(水)
時間
15:30~17:00(14:30~よりご希望の方はNANOBIC設備見学会を行います。)
場所
新川崎・創造のもり「NANOBIC」2階会議室(川崎市幸区新川崎7-7)
http://www.kawasaki-net.ne.jp/sozo/access/index.html
概要
(発表者)
横浜国立大学 大学院工学研究院 准教授 大矢 剛嗣 氏

(発表テーマ)
カーボンナノチューブと身近な材料(紙・糸)の複合材――カーボンナノチューブ複合紙・複合糸――の開発とその応用開拓

(紹介文)
近年注目されているナノカーボン材料の一つであり、多くの機能を有することが知られるカーボンナノチューブ(CNT)について、身近な材料(紙・糸)と組み合わせた一風変わった複合材料である「CNT複合紙」「CNT複合糸」の開発と応用の開拓を進めています。この材料は紙・糸でありながらCNTの機能を有しているため、CNT由来の導電性や半導体性等をもつ紙や糸とすることができます。これを応用することで例えば「熱電発電“紙”・“糸”」や「“ペーパー”トランジスタ,“糸”トランジスタ」等ユニークなものが実現可能です。ここでは一般的なCNTの特徴から、複合紙・複合糸の作製、各種応用等についてご紹介します。
詳細

※14:30~よりNANOBIC設備見学会を行います。参加ご希望の方は備考欄に「設備見学希望」とご記入ください。

 

参加費:500円

 

【関連リンク】

トップページ

申し込みフォーム