題名
ナノ茶論第1回セミナー(2018/5/28)
開催日
2018年5月28日(月)
時間
15:30~17:00 (14:30~よりご希望の方はNANOBIC設備見学会を行います。)
場所
新川崎・創造のもり「kBIC」2階会議室(川崎市幸区新川崎7-7)
http://www.kawasaki-net.ne.jp/sozo/access/index.html
概要
(発表者)
中央大学 精密機械工学科・精密工学専攻 バイオメカトロニクス研究室 中村 太郎 教授

(発表テーマ)
高出力な人工筋肉を用いた生物型ソフトロボットの開発とその応用事例

(紹介文)
 空気圧で駆動する高出力人工筋肉である軸方向繊維強化型人工筋肉の開発とミミズ型ロボットや大腸型ポンプ、人間の筋特性を生かしたパワーアシスト装置など、この人工筋肉をもちいた様々な生物型ロボットについて概説する。
さらに、このロボットを用いた宇宙・深海等の極限探査や下水道やガス管等の検査への適用事例について説明する。
最後に講演者によって立ち上げたソフトロボティクスの大学発ベンチャー企業の活動と今後の展開について紹介する。
詳細

※定員に達したため、申し込みを終了いたしました。

 

※14:30~よりNANOBIC設備見学会を行います。参加ご希望の方は備考欄に「設備見学希望」とご記入ください。

 

参加費:500円

 

【関連リンク】

トップページ

申し込みフォーム