題名
ナノ茶論第7回セミナー(2018/11/21)
開催日
2018年11月21日(水)
時間
15:30~17:00 (14:30~ご希望の方にNANOBIC設備見学会を行います。)
場所
新川崎・創造のもり「NANOBIC」2階会議室(川崎市幸区新川崎7-7)
https://kawasaki-sozonomori.jp/access
概要
(発表者)
横浜国立大学 理工学部 大学院環境情報研究院 飯島 志行 准教授

(発表テーマ)
新しいものづくりのための微粒子表面設計と液中分散・集合構造制御

(紹介文)
 機能性微粒子・ナノ粒子で構成される複合材料は、ポリマーナノコンポジット、セラミックス材料や機能性塗膜などの形で多岐にわたる分野で活用されています。これら複合材料の特性はその微構造に由来するところが大きいため、材料の機能設計・創出にあたっては製造工程中における微粒子の自在な分散・集合構造制御技術の構築が肝要です。本セミナーでは、ナノ粒子の液中分散制御に向けた表面構造設計法を、表面改質操作と表面化学構造設計の視点から概説した後、複数種類の微粒子を分散した多成分系分散体の安定性と集合構造制御法、ならびにそれらを駆使した各種複合材料の微構造制御と機能設計に向けた近年の取り組みを紹介します。
詳細

※14:30~NANOBIC設備見学会を行います。参加ご希望の方は備考欄に「設備見学希望」とご記入ください。

 

参加費:500円

 

【関連リンク】

トップページ

第8回ナノ茶論 ホームページ

申し込みフォーム