題名
ナノ茶論第8回セミナー(2019/12/3)
開催日
2019年12月3日(火)
時間
15:30~17:00 (14:30~ご希望の方にNANOBIC設備見学会を行います。)
場所
新川崎・創造のもり「NANOBIC」2階会議室(川崎市幸区新川崎7-7)
https://kawasaki-sozonomori.jp/access
概要
(発表者)
東京工業大学 物質理工学院 材料系 松下祥子 准教授

(発表テーマ)
熱源に「埋めて」使える増感型熱利用発電電池

(紹介文)
松下准教授は、熱源に置いておけば発電し、発電終了後そのまま熱源に放置すれば発電能力が復活する、増感型熱利用電池を提案し、研究を行っています。太陽電池では光エネルギーにより生成した電子を利用しますが、この電池では熱エネルギーにより生成した電子を利用します。通常、熱により生成した電子だけでは発電は生じません。熱だけの場合、半導体の中で電子は安定し、電子は移動せず電流生成に至りません。そこで熱により生成した電子と、酸化還元の化学反応を組み合わせることで発電させることに成功しました。さらに、熱下でのイオンの移動を電解質内で制御することで、発電終了後そのまま熱を与え続けるだけで発電能力を復活させることを実現しました。本研究の原理および応用についてご紹介します。
詳細

※14:30~NANOBIC設備見学会を行います。参加ご希望の方は備考欄に「設備見学希望」とご記入ください。

 

参加費:500円

 

【関連リンク】

トップページ

申し込みフォーム