題名
ナノテクノロジーセミナー -有機半導体とMEMSデバイスの最前線、ナノテクの新用途展開に向けて-
開催日
2018年10月1日(月)
時間
15:00~17:00 (14:00~ご希望の方にNANOBIC設備見学会を行います。)
場所
新川崎・創造のもり「NANOBIC」2階会議室(川崎市幸区新川崎7-7)
http://www.kawasaki-net.ne.jp/sozo/access/index.html
概要
(開催概要)
 近年注目が高まる有機半導体とMEMSデバイスについて、研究開発の最前線を進んでいる2名の研究者からご講演いただきます。有機半導体では、薄くて軽い、曲げられる、簡単にリサイクルできるなどの特長 に加えて、低い温度でかつ印刷プロセスで大面積に作製できるという特長を活かした、より汎用的で利便性が高いウェアラブルデバイスやヘルスケアデバイ スが実現されつつあります。MEMSデバイスでは、LSIおよび機械学習技術と融合し、超小型でフレキシ ブルなデバイスながら大量なデータをエッジで処理 できることから、次世代ロボット用センサなど新しい展開が期待されています。ぜひご参加くださいませ。

(スケジュール)
15:00~15:45 講演 山形大学 有機エレクトロニクス研究センター  センター長 時任 静士 卓越研究教授

【印刷有機エレクトロニクス技術の最新動向と将来展望】
 本講演では、有機材料を活用した印刷エレクトロニクス技術の最新動向に関して、有機トランジスタやその集積回路、各種センサ、 シリコンLSIも活用したハイブリッドエレクトロニクスを紹介する。特に、IoT社会への貢献を意識したフレキシブルセンサシステムを中心に紹介する。


15:45~16:30 講演 東北大学 マイクロシステム融合研究開発センター 室山 真徳 准教授

【エッジヘビー時代が来る!それはMEMSとLSIが生きる時代】
 これからのエッジには何が求められるだろうか?多種多様、大量かつ良質のデータを生みだし賢くなることではないだろうか。 機械学習による頭脳は整いつつある。次はエッジヘビーな五感の実現でありMEMSとLSIの融合によってそれは達成できる。触覚の実現について多く語る。


16:30~17:00 ディスカッション
コーディネータ 唐澤 志郎 氏(公益財団法人神奈川県科学技術アカデミー 科学技術コーディネータ)
詳細

※本日は予定通り開催いたします。
参加申し込みいただいた方におかれましては、お気をつけてお越しくださいませ。(2018/10/1)

 

※14:00~NANOBIC設備見学会を行います。参加ご希望の方は備考欄に「設備見学希望」とご記入ください。

 

参加費:無料

 

【関連リンク】

トップページ

第5回ナノ茶論

申し込みフォーム