ナノ・マイクロ技術支援講座では、
月に1回の技術セミナー(ナノ茶論)を中心に、
ナノ・マイクロ分野に関心がある企業が
最新技術シーズや市場動向の情報収集、
産学官連携やビジネス連携につながる
マッチングの機会を
創出するためのセミナーを定期的に開催しています。
是非ご参加ください。

関連リンク

最新情報

題名

第4回ナノ茶論オンラインセミナー(2022/12/19)

開催日 2022年12月19日(月)
時間 15:00~17:00
場所 Zoomウェビナーによるオンライン開催

下記申込フォームよりご登録いただいたメールアドレス宛に、参加用URL及びパスワード情報をお送りいたします。
※インターネットに接続できるパソコン等の通信機器をご用意いただく必要があります。
概要 ■第1部 15:00~16:00

(タイトル)
「低環境負荷の有機エレクトロニクス」

(講師)
東京大学新領域創成科学研究科 教授 竹谷 純一 氏

(紹介文)
 貴金属を含まず、環境経由で人間や動植物に影響を与える恐れのある化学物質群を使用しない、低環境負荷のエレクトロニクスについて、提案します。有機半導体材料と集積回路化技術が目覚ましく進展してきた結果、有機半導体単結晶の技術とカーボン配線技術を適用した低環境負荷回路を作製し、回路動作に成功しました。講演では、さらに低環境負荷回路と低環境負荷電池を組み合わせ、世界で初めて通信信号の生成に成功した実験についても、紹介します。

■第2部 
16:10~17:00

(タイトル)
「アクリル板と水のみによるガラス表面とシリコン表面の原子レベル平坦化」

(講師)
東京大学大学院工学系研究科 准教授 理化学研究所放射光科学研究センター チームリーダー三村 秀和 氏


(紹介文)
 よく目にするアクリルの表面に研磨に適した化学的特性があることを偶然発見しました。本研究ではアクリル板と水のみによる研磨装置を開発し、光学材料の代表であるガラス表面と半導体基板の代表であるシリコン表面において、0.05nm(RMS)レベルの原子レベルで平滑な表面を実現しました。本研磨手法はアクリル板と水のみしか用いておらず、低環境負荷であり低コストです。本発表では、開発の経緯、加工原理、加工特性について発表します。
題名

第3回ナノ茶論オンラインセミナー(2022/10/25)

開催日 2022年10月25日(火)
時間 15:00~17:00
場所 Zoomウェビナーによるオンライン開催

下記申込フォームよりご登録いただいたメールアドレス宛に、参加用URL及びパスワード情報をお送りいたします。
※インターネットに接続できるパソコン等の通信機器をご用意いただく必要があります。
概要 ■第1部 15:00~16:00

(タイトル)
「ナノ技術を活用した大気からのCO₂直接回収技術の展開」

(講師)
九州大学 カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所 教授 藤川 茂紀 氏

(紹介文)
 火力発電所などの大規模CO₂排出源からのCO₂回収は地球温暖化対策として主要な役割を果たすが、これだけではゼロエミッションとはならず、既に大気中に放出されてしまっているCO₂の回収(DAC)によって、正味CO₂排出量ゼロを実現が可能となります。このような背景を踏まえ、近年注目をされているDAC技術を概説すると同時に、分離膜による大気からのCO₂回収をもとにした「ユビキタスCO₂回収」に関する我々の新しい技術を紹介します。

■第2部 
16:10~17:00

(タイトル)
「金属-有機構造体:MOFの合成と材料特性」

(講師)
京都大学高等研究院 准教授 堀毛 悟史 氏

(紹介文)
 金属と分子が連結して組み上がる金属-有機構造体(MOF)はセラミックスやポリマーと異なる特徴を持つハイブリッド材料です。規則的かつ低密度の構造特性を利用したガス吸着やセンサーなどへの応用が広がっています。ここでは主に我々が進めているMOFの相転移を利用した材料の成形加工性について、また二酸化炭素から常温・常圧でMOFの構造を作る合成手法や解析技術についてご説明します。
題名

ナノテクノロジー研究を促進するマテリアルズインフォマティクス(MI)の可能性 (ナノテク・・・

開催日 令和4年9月13日(火)
時間 15:00~17:00
場所 Zoomウェビナーによるオンライン開催

下記申込フォームよりご登録いただいたメールアドレス宛に、
参加用URL及びパスワード情報をお送りいたします。
※インターネットに接続できるパソコン等の通信機器をご用意いただく必要があります。
概要 【タイムスケジュール】

1.開会挨拶・NANOBIC施設紹介 15:00~15:10

2.講演1 15:10~16:00
「機械学習とロボットを活用したマテリアル研究戦略」
講演者:東京大学 大学院理学系研究科 化学専攻 教授
東京工業大学 物質理工学院 特任教授 一杉 太郎 氏

機械学習やロボットが「自律的」に研究を進める時代がやってきました。本セミナーでは世界の動向と我々の最先端の取り組みをご紹介し、創造性がより高い研究に取り組むために必要なことを皆様と討論させて頂きたいです。

3.講演2 16:10~17:00
「深層学習によるナノ材料のマテリアルズ・インフォマティクス技術」
講演者:産業技術総合研究所 ナノカーボンデバイス研究センター
 研究員 室賀 駿 氏

近年の深層学習に代表されるデータサイエンスの発展によってマテリアルズ・インフォマティクスで扱える対象系が格段に広くなってきました。これからの時代でまさに縁遠いと思われていた分野でも深層学習の活用が当たり前になる日も遠くありません。本セミナーではどのように複雑な材料・プロセス開発に深層学習を適用し、研究開発現場のDXにつなげていくかの考え方をご紹介します。

※それぞれの講演終了後に、10分程度の質疑応答を予定しております。
題名

第2回ナノ茶論オンラインセミナー(2022/7/19)

開催日 2022年7月19日(火)
時間 15:00~17:00
場所 Zoomウェビナーによるオンライン開催

下記申込フォームよりご登録いただいたメールアドレス宛に、参加用URL及びパスワード情報をお送りいたします。
※インターネットに接続できるパソコン等の通信機器をご用意いただく必要があります。
概要 ■第1部 15:00~16:00

(タイトル)
「シリコン量子ドットLED: もみ殻からも作れるの?!」

(講師)
広島大学 自然科学研究支援開発センター・研究開発部門 教授 齋藤 健一 氏

(紹介文)
 量子ドットを使ったTVやタブレットが市場に出回り始めました。量子ドットの特長は、1)フルカラー発光、2)高効率発光(最大98%程)、3)極彩色(有機ELの3-4倍の色域)、4)溶液プロセスによる低温・大気圧でのLED製造などです。一方、重金属フリーの量子ドットが世界中で求められています。我々はシリコンで量子ドットを作り、そのLEDを開発しました。また、もみ殻に含まれるガラス(SiO₂)を原料に、量子ドットLEDへの実装も行っています。


■第2部 
16:10~17:00

(タイトル)
「レーザー誘起グラフェンと量子ドットの直接描画技術」

(講師)
慶應義塾大学 理工学部 電気情報工学科 教授 寺川 光洋 氏

(紹介文)
 2010年代半ばからレーザーを用いた高分子材料の炭化と黒鉛化(レーザー誘起グラフェン、LIG)の研究報告例が急増しています。本講演では、LIG生成が難しいとされてきた伸張性のポリジメチルシロキサン(PDMS)とセルロースナノファイバーを前駆体として導電性構造を作製した研究を紹介するとともに、同技術を展開してグラフェン量子ドット(GQDs)をあたかも描くように生成できる技術について説明します。光学デバイスやフレキシブル・エレクトロニクス・デバイス等への応用が期待できます。
題名

第1回ナノ茶論オンラインセミナー(2022/6/30)

開催日 2022年6月30日(木)
時間 15:00~17:00
場所 Zoomウェビナーによるオンライン開催

下記申込フォームよりご登録いただいたメールアドレス宛に、参加用URL及びパスワード情報をお送りいたします。
※インターネットに接続できるパソコン等の通信機器をご用意いただく必要があります。
概要 ■第1部 15:00~16:00

(タイトル)
「ナノ絶縁体でリチウムイオン電池の充放電時間を大幅に短縮する」

(講師)
岡山大学 学術研究院 自然科学学域 准教授 寺西 貴志 氏

(紹介文)
 ハイブリッド自動車や電気自動車の加速的な普及により、ごく短時間で充放電可能な電池の開発が求められています。私たちはリチウムイオン電池の電極材料と電解質の間に、ナノサイズの絶縁体界面を導入することで、電池の充放電速度を大幅に短縮できることを見出しました。本講演では、このユニークな現象のメカニズムについて詳しく解説するとともに、次世代電池に向けた最近の研究動向についてご紹介します。


■第2部 
16:10~17:00

(タイトル)
「イオン伝導体リチウム分離法LiSMICによる超高純度資源循環」

(講師)
国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構 量子エネルギー部門
六ヶ所研究所 ブランケット研究開発部 増殖機能材料開発グループ
 上席研究員 星野 毅 氏

(紹介文)
 2050年カーボンニュートラルに向け、EVの早期普及が求められていますが、電池原料のL iは2027~2030年頃に十分な国内確保が困難になると予測されます。この課題解決に貢献する新たな資源回収技術として、使用済電池等から低コストで超高純度なLiを回収可能な世界初の手法「イオン伝導体リチウム分離法」(Lithium Separation Method by Ionic Conductor, LiSMIC)をご紹介します。

【過去のナノ・マイクロ技術支援講座の実施テーマ例】

【4月21日(木) 15:30~17:00】

「金ナノ粒子とナノポアを利用したDNAセンシング」

 慶應義塾大学 理工学部電子工学科 教授 斎木 敏治 氏

 

【5月20日(金) 15:30~17:00】

「微細加工を利用した再生医療用培養皿および培養技術の開発」

 横浜国立大学 大学院工学研究院 機能の創生部門 准教授 福田 淳二 氏

 

【6月24日(金) 15:30~17:00】

「光渦の輻射力が創る単結晶性シリコンニードルとその応用」

 千葉大学 大学院工学研究科・工学部 教授 尾松 孝茂 氏

 

【7月6日(水) 13:30~15:30】※テクノトランスファーinかわさき併催ナノテクノロジーセミナー

「MEMSの最新動向とオープンコラボレーション」

 東北大学 マイクロシステム融合研究開発センター長江刺 正喜 氏  

 新川崎・創造のもりNANOBICにおける取組

(公財)神奈川県科学技術アカデミー コーディネータ 唐澤 志郎 氏

 

【7月15日(金) 15:30~17:00】

「機械(メカ)屋からみた細胞」

 中央大学理工学部精密機械工学科 教授 鈴木 宏明 氏

 

【8月29日(月) 15:30~17:00】

「金属表面へ凹みと平坦部の周期性を持たせる新規ナノ・マイクロ加工法」

 理化学研究所 大森 整 氏

 

【10月18日(火) 15:00~17:00】

「コグニティブコンピューティング時代の ハードウェア技術と応用へ向けた基礎研究」

日本アイ・ビー・エム株式会社東京基礎研究所 サイエンス&テクノロジー部長・新川崎事業所長 他

-------------------------------------------------------------------------

27年度以前のバックナンバーはこちらです。

 

・「マイクロ流体デバイス、システム化と応用」

  東京大学 大学院 教授 三宅 亮 氏

 

・「単層カーボンナノチューブの合成と太陽電池応用」

  東京大学大学院 教授 丸山 茂夫 氏

 

・「ナノ・マイクロ技術を使った新デバイス」

  慶應義塾大学 准教授 三木 則尚 氏

 

・「ナノクラスターの産業利用:生成技術の革新と課題」

  慶應義塾大学 教授 中嶋 敦 氏

 

・「速く動かす、振動を止める」

  慶應義塾大学 理工学部 准教授 桂 誠一郎 氏

 

・「光で温度や熱物性を測るセンサーのお話」

  慶應義塾大学 准教授 田口 良広 氏

 

・「ウェットプロセス ナノコーティング」

  慶應義塾大学 教授 白鳥 世明 氏

 

・「課題解決/未来創造型の健康医療デバイス開発」

  東京工業大学 准教授 山本 貴富喜 氏

 

・「固体高分子形燃料電池、リチウムイオン電池、フロー電池の研究開発におけるものづくり」

  東京工業大学 准教授 津島 将司 氏

 

・「MEMSの3次元加工技術と半導体・化学・バイオへの応用」

  早稲田大学 教授 庄司 習一 氏

 

・「ナノインプリントリソグラフィーを用いたLED製造技術」

  株式会社協同インターナショナル 電子技術課長 大井 秀雄 氏

 

 

・「SCIVAXのナノインプリント技術 ~高輝度LEDからカラーセンサーまで~」

  SCIVAX株式会社 取締役副社長 奥田 徳路 氏

 

 

・「次世代コグニティブ・コンピュータ実現に向けたハードウェア技術」

  日本アイ・ビー・エム株式会社東京基礎研究所 シニアリサーチスタッフメンバー 山道 新太郎 氏

 

・「使える、使い続けられる」インフラ点検ロボット」

  株式会社イクシスリサーチ 代表取締役 山崎 文敬 氏

 

・「研究開発を支えるオーダーメイド実験器具の作製~透明樹脂による可視化部品~」

  ニイガタ株式会社 技術営業課リーダー 橋本 敬和 氏

 

・「不可能を可能にするドライドローカーボンナノチューブと生活を豊かにする人工筋肉のご紹介」

  LINITEC OF AMERICA.INC Managing Director of Nano-Science & Technology Center 井上 閑山 氏

 

・「高速原子力間力顕微鏡による生体分子のダイナミック観察」

  株式会社生体分子計測研究所 代表取締役 岡田 孝夫 氏